大手業者ではない場合

> 大手業者ではない場合

大手業者ではない場合

「大手業者から選ぶ」ということが
不可能である場合には、いったいどういった点から業者を選んだらよいのでしょうか?

この場合、借り手の状況として考えられるのは、
すでに大手業者からある程度の金額の借り入れがある。
すでに複数社から借り入れをしており、もう借りられそうにない。
などといった状況があるかと思います。

大手ではない消費者金融の中には、法外な金利で融資を行っている業者や、
取立てが厳しい業者などがある可能性があります。
こういった業者は大抵の場合、融資を受けるまではそういった面を見せずに、
契約を完了し、借り入れを行った瞬間から態度が豹変するといったケースが多いようです。

このことから、借りるまではまったく気がつかずに、
借りてからそういった態度をとられ、愕然とするといったものです。

もちろん、大手ではない業者のすべてが、こういった業者であるというわけではなく、
中には小規模でありながらも、良心的な営業を行っている業者も存在します。
ただ、大手ではない場合、上記のようないわゆる悪徳業者に当たってしまう可能性が
大きくなってしまうということですね。
そうならない為に登録番号を確認するということが重要と言えます。

口コミサイトなどを参考に

実際に利用してみないと、どういった業者なのかはわかりません。
こんなときに参考にできるのが、最近ネット上でよくみかける口コミサイトです。

利用者の総借入額、年収、希望融資額のほか
申し込み時の担当者の対応などに加え、実際に融資を受けることができた金額。
なども掲載されている場合が多いですから、ご自分の状況を照らし合わせてみることで、
参考にすることができるはずです。

ただし、こういった口コミをすべて鵜呑みにはせず、参考にはするものの、
話半分程度の感覚で受け取っておくのが良いかと思います。

ブラックOKなどといううたい文句は・・・

また、ネット上でも店頭でも共通していえることとして、
「ブラックOK」「主婦歓迎」などという文言を、
大々的に謳っている業者には注意が必要です。

実際にブラックの方や、主婦の方でも、
こういった業者を利用することはおすすめできません。
消費者金融は個人それぞれに対して、返済能力があるか?信用できる人物か?を審査して
融資を行いますから、上記のような看板を掲げていなくても、
審査に通過できる可能性はあります。

逆に言えば、最初からそういった看板を掲げているという場合は、
審査に通る自信のない人を主なターゲットに置いているわけですから、
貸し倒れのリスクも大きく、高金利での融資となる可能性が極めて高いともいえるからです。