適正な金利設定かどうか

> 適正な金利設定かどうか

適正な金利設定かどうか

消費者金融の金利設定は、
業者によって違いがあることは仕方がありません。
しかし、この金利にも上限金利が設定されていて、
この金利を超えた融資を行った場合、
業者は刑事罰を受けなければなりません。

撤廃となったグレーゾーン金利

2010年に改正貸金業法が完全施行となってからは、
それまでの出資法と利息制限法の定める間の金利、
いわゆるグレーゾーン金利が撤廃されました。

具体的には、出資法の上限金利が29.2%から20%へと引き下げられ、
利息制限法の上限金利と統一されたという形です。

利息制限法には、刑事罰が適用されなかったとこから、
消費者金融ではこのグレーゾーン金利で融資を行うことが多かったわけですが、
現在では罰せられる対象となったわけですね。

融資額によって金利設定に幅が

遅延損害金などの利息としては、
大手でも上限金利である20%の設定である場合がほとんどですが、
通常の融資の場合は融資額によってある程度幅があり
5%~18%などというケースがほとんどで、
最大でもおおよそ18%前後の設定となっています。

中小の業者の場合は、この限りではありませんが、
20%を超える金利設定は法律に違反していることになります。

また、上記のように融資額によって金利設定に幅を持たせている場合でも、
その業者を初めて利用する場合や、融資額が10万円以下などの
比較的小額な場合には、設定された金利の上限でもある
18%が適用されることになります。

参考サイト:安心キャッシング