繰上げ返済 心得

> 繰上げ返済を活用する

繰上げ返済を活用する

消費者金融で借り入れを行う際、ある程度まとまった収入の予定がある場合などには、
全額一括返済という選択肢もありますが、そもそもお金が足りなくて
借り入れるわけですから、月々の返済をある程度の長期間
繰り返すことになる場合が多いかと思います。通常キャッシングの分割払いでの返済は当たり前のことで意識をしない人が多いですが返せるのであれば返したほうが良いです。

また月々約定どおりに返済を行うことは最低限守らなければならないのは当然ですが、
現在ほとんどの業者において主流となっている、リボ払いによる返済の場合は、
利息分の支払いは想像しているよりも大きな金額となることが多く、
結果として大きな負担となってしまいます。約定通りの返済はメリットとして、
比較的返済しやすい額に設定されていることが挙げられますが、
返済額の中には利息と元金の返済分が 含まれています。
返済額が少ない場合、元金の返済額が少ないので返済期間が長期化する場合があります。

もしも、いつもよりもちょっとだけ余裕があるという月には、
繰り上げ返済を活用することをおすすめします。

総支払額を大幅に低減

繰上げ返済という返済方法については、ほぼすべての業者において対応しています。
では繰り上げ返済を行うのであれば、どのような繰上げ返済が
最も総支払額を減らす効果が高いのかといいますと、
借り入れをしてからできるだけ早くに、できるだけ多くの金額を繰り上げ返済することが
もっともお得であるいえます。

というのも、リボ払いの場合は、月々一定額の返済となり、
まだ返済金額が少ない最初のうちが特に、
返済額の中の利息分の割合が高いからです。

元金をできるだけ早くに減らしたほうが、利息計算を行うにあたって有利となりますから、
出来る限り早い時期に、より多くの金額を繰り上げ返済することで、
元金を減らす効果が高く、よりお得であるといえます。

無理のない範囲での返済を

繰上げ返済は、約定とは別のイレギュラーな返済として扱われます。
総支払額を確実に減らす効果は高いものの、繰り上げ返済を行った翌月にも、
約定どおりの月々の返済がなくなるわけではありません。

無理をして繰り上げ返済をしても、翌月の返済が厳しくなってしまうのでは、
元も子もありません。

そういった意味で、繰り上げ返済は無理のない範囲で、
計画を持って行うことが重要であるといえますね。